四時軒復元工事

公共施設

四時軒復元工事

建物概要:木造平屋建て 展示施設 2020年春完成予定

熊本地震で被災し,解体された「四時軒」の復元工事です.

四時軒は明治の思想家「横井小楠」先生の旧家であり,ここには勝海舟,坂本龍馬などの数々の歴史上の大物が訪れ,国の将来を話し合っています.
復元にあたっては,あらためて残された写真,資料,関係者へのヒアリングなどの調査をかさねて,史実に忠実に復元することを目指しています.
また,解体され保管された部材の多くを一度工場に運んで補修し,再利用することとしています.
筋交いを使わない,柱と梁の伝統構造とするため,構造計算は「限界耐力計算」という高度な計算方法を使います.

image

業務のお問い合わせ・ご相談・ご依頼など、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォームよりお問い合わせを受け付けております

PAGE TOP